トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

2017年と2018年のReading Challenge

トーキョーブックガールです。大変ご無沙汰しております。

お仕事や環境が変わり、毎日が目まぐるしく過ぎる中でブログから遠ざかってしまいました。アクセスしてくださっているみなさま、いつもありがとうございます。

2018年初めてのエントリーですが、今後も気まぐれにアップデートしたいと思います。

そう…あっという間に2018年になってしまいました。

2017年のブッカー賞はソーンダーズでしたね!

イシグロがノーベル賞を受賞したこともあり、書店の目立つ場所に海外文学が並ぶという近年珍しい?光景も目にすることができました。

何を書こうかなと思ったのですが、今日は2017年のReading Challengeの振り返りと、2018年の内容を。 

tokyobookgirl.hatenablog.com

2017年に私が設定したReading Challengeは以下の通り。

1. F・スコット・フィッツジェラルドの書いた作品全てを読む。

2. スペイン語での読書量を増やす。

3. お気に入りの本を読み返す。

4. 好きな作家がおすすめする本を読む。

5. 通常読まないジャンルにおけるベストセラーを読む。

6. 旅行に関する本を読む。

7. 読んだ本に出てきた本を読む。(A book mentioned in another bookということ)

8. 女性の起業家やビジネスにおいて成功している女性によって書かれた本を読む。

9. 東京に関する本を読む。

10. 『失われた時を求めて』を読了する。

11. オーディオブックに挑戦する。

12. まだ行ったことのない国出身の作家による本を読む。

 

達成度は以下の通り。

1. F・スコット・フィッツジェラルドの書いた作品全てを読む。×

→2017年前半はいくつか読んだものの、全てには至らず。

"This Side of Paradise (楽園のこちら側)"は読み終えられて良かった。

This Side of Paradise (Illustrated Edition) (English Edition)

This Side of Paradise (Illustrated Edition) (English Edition)

 

これは初期の恋愛に関する短編を集めたもの。ゼルダと結婚したいフィッツジェラルドが小金を稼ぐために書きまくった作品だが、それでも随所にはっとするほど美しい描写が存在する。ゼルダとの出会いを邂逅するような、南部娘に関するお話も多い。

"Presumption"は特に、切れ味の鋭いツイストが楽しめる。

The Love Boat and Other Stories (Alma Classics)

The Love Boat and Other Stories (Alma Classics)

 

こちらは新訳が出たそうなので日本語で読んでみた。

パット・ホビー物語

パット・ホビー物語

 

 こちらも再読してみた。何度読んでもいいなあ。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)

 

  

2. スペイン語での読書量を増やす。

→"Nada"や"Rosaura a las diez"、その他アレナスやリャマサーレス、キロガの短編など、割と読んだ。 

tokyobookgirl.hatenablog.com

tokyobookgirl.hatenablog.com

 

3. お気に入りの本を読み返す。

→大好きなチェーホフの『かもめ』を久しぶりに読み返した。

初めて読んで感銘を受けたのが10代の頃だったので、感じるものの違いに驚いたり、時の流れを実感したり。 

かもめ (集英社文庫)

かもめ (集英社文庫)

 

 

4. 好きな作家がおすすめする本を読む。

シェイクスピアの『テンペスト』(アトウッドによるおすすめ)など。

 

5. 通常読まないジャンルにおけるベストセラーを読む。

→Our Shared Shelfに参加して、フェミニズムに関するエッセイがいくつか読めたことが収穫。 

tokyobookgirl.hatenablog.com

tokyobookgirl.hatenablog.com

 

6. 旅行する場所を舞台にした小説を読む。

→これは毎年Challengeに含めているお題。

2017年は東南アジアや台湾を訪れたので、その辺りを舞台にした本をいくつか。モームの短編集はジャングルの夜の描写が、実際に目にした熱帯の夜と同じくらい美しかった。 

Far Eastern Tales

Far Eastern Tales

 

 

7. 読んだ本に出てきた本を読む。(A book mentioned in another bookということ) 

村上春樹の『羊をめぐる冒険』に出てくるコンラッドの『闇の奥』など。(正確には、コンラッドを読んでいた、というだけでタイトルは登場しないが…)

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

 

 

8. 女性の起業家やビジネスにおいて成功している女性によって書かれた本を読む。×

→2015年に読んだ"Girl Boss"が大変面白かったので同じようなものを読みたかったのだが、残念ながら時間が取れず。

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

 

 

9. 東京に関する本を読む。

→ここだけ海外文学から離れてしまうが、獅子文六ファンなので獅子文六作品をいくつか読了。最近たくさん復刊されているのでうれしい限り。

特に2017年復刊された『青春怪談』は、50年代の小説なのにオシャレで、肩の力が抜けていて、まるで『マンマ・ミーア!』や『ロシュフォールの恋人たち』のよう!

日比谷公園でデートしたくなること間違い無し。 

青春怪談 (ちくま文庫)

青春怪談 (ちくま文庫)

 

 

10. 『失われた時を求めて』を読了する。×

→結局、『ゲルマントの方』を読み終えたのみ。でもこの『プルーストと過ごす夏』(フランスでのラジオ放送をまとめたものだそう)に出会ったおかげで、夏中プルーストを堪能することができて本当に楽しかった。

プルーストと過ごす夏

プルーストと過ごす夏

 

 

11. オーディオブックに挑戦する。×

→本を読んでこれ以上目を悪くしたくないという切なる願いから立てた目標だったものの、これも時間が取れず…無念。

 

12. まだ行ったことのない国出身の作家による本を読む。

ナイジェリア出身のチママンダやチェコ出身のフラバルなど、新しい出会いがあった。

男も女もみんなフェミニストでなきゃ

男も女もみんなフェミニストでなきゃ

 
わたしは英国王に給仕した (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)

わたしは英国王に給仕した (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)

 

以上!12個中8個達成でした。

 

2018年のReading Challengeは、というとこんな感じ。

1. 舞台や映画の原作を読む。

2. 同じ本を繰り返し読む。

3. ゆっくり読む。

4. 2018年に出版された本を読む。

5. 家族や友人からお薦めされた本を読む。

6. 今年の旅行先を舞台にした本を読む。

7. ノーベル文学賞作家による本を読む。

8. 新しいお気に入り作家を見つける。『失われた時を求めて』を読み進める。

9. 日付や月がタイトル、もしくは中身に登場する本を読む。*1

10. 『失われた時を求めて』を読み進める。

 

2018年は去年ほど読めないので、スローな読書生活を楽しむつもりです。

Pinterestで発見したReading Challengeのアイディアをいくつか貼っておきますね。

f:id:tokyobookgirl:20180214182838j:plain

f:id:tokyobookgirl:20180214182610j:plain

f:id:tokyobookgirl:20180214182854j:plain

f:id:tokyobookgirl:20180214182906j:plain

それではみなさま、今年もhappy reading!

 

*1:7月最後の日曜日に関するタブッキの『レクイエム』など。

『カメレオンのための音楽』表紙デザイン Book Cover Designs

こんにちは。台湾ブックガールです。

カポーティの『カメレオンのための音楽』。

6つの短編小説、『手彫りの柩』という中編小説、マリリン・モンローのスケッチ等を含む『会話によるポートレート』と、盛りだくさんの作品集。

とくに『うつくしい子供』は、マリリン・モンローに関する最高のスケッチと言われる秀逸作。

マリリン:あたしがどんな女か、マリリン・モンローは本当にどんな女か、そう人に訊かれたらーねえ、何て答えるつもりなのって訊いたの覚えてる?(彼女の口調はからかうようであり、馬鹿にするようでもあったが、真剣味があった。本音を訊きたかったのだ)あたしはとんまだって言うんでしょうね。お菓子のバナナ・スプリットみたいだって。

それに対して、カポーティは「君はうつくしい子供みたいだ」と答える。

カメレオンのための音楽 (ハヤカワepi文庫)

カメレオンのための音楽 (ハヤカワepi文庫)

 

 というわけで、各国の表紙デザインはマリリン・モンロー率が非常に高い。

 

1. アメリカ

f:id:tokyobookgirl:20170714191534j:plain

2. イギリス(Penguin Classics)

f:id:tokyobookgirl:20170714191525j:plain

3. イタリア

f:id:tokyobookgirl:20170714191832g:plain

ニュアンスのある色使いがカポーティらしい。

4. スペイン

f:id:tokyobookgirl:20170714191918j:plain

5. アメリカ

f:id:tokyobookgirl:20170714191749j:plain

もちろん、カメレオンもたくさん。

6. 日本

f:id:tokyobookgirl:20170714191652j:plain

7. スペイン

f:id:tokyobookgirl:20170915161617j:plain

ある晴れた日に: 『蝶々夫人』観劇

 
夏頃、発売と同時にチケットを購入したので、なんとセンターの5列目!
素晴らしい美声を名一杯堪能できました。
私が観劇したのは、森谷真理さんらキャストの日。

f:id:tokyobookgirl:20171012202616j:plain

蝶々夫人』はオペラの中でも大好きな演目で、去年はMETライブビューイングにて、映画監督アンソニー・ミンゲラ演出、クリスティーヌ・オポライス主演のものを観劇。

"All for One"を観ました

自身の備忘録として、観劇の記録は全てブログに残しておこうと思っているものの、なかなかそんな時間もなく。

f:id:tokyobookgirl:20171012115312j:plain

もう東京千秋楽も終わって今更ですが、”All for One”の感想を。
とにかく楽しいアクションミュージカル(宝塚いわく、アクション・ロマネスク)!というのが全体を通して伝わってくるいい作品だった。

『パジャマゲーム』を観ました

ごきげんミュージカル『パジャマゲーム』を観劇しました!

f:id:tokyobookgirl:20171008173949j:plain

初めての新・日本青年館ホール。

綺麗でアットホームでcozyで、素敵な劇場でした。

それにしても、みっさま(北翔海莉さん)!

続きを読む

ロマノフ家のこと

こんにちは、トーキョーブックガールです。

東京公演も観に行く予定の『神々の土地』。楽しみ!

tokyobookgirl.hatenablog.com

先日蔦屋書店にて中野京子コーナーを覗いていると、こんな印象的な帯が目に飛び込んできた。  

弟が姉を、夫が妻を幽閉し、

父が息子を、妻が夫を

殺してきた歴史だ。

『名画で読み解く ロマノフ家 12の物語』。予習を兼ねて読んだのだが、面白かった!

続きを読む

"Hunger" ロクサーヌ・ゲイ、そして『スイート・ヴァレー・ツイン』のこと

9-10月の"Our Shared Shelf*1"のお題本はこちら。

ロクサーヌ・ゲイの新作"Hunger: A Memoir of (My) Body"。

Hunger: A Memoir of (My) Body (English Edition)

Hunger: A Memoir of (My) Body (English Edition)

 

Every body has a story and a history. Here I offer mine with a memoir of my body and my hunger. 

という言葉から始まるエッセイ。 

*1:"Our Shared Shelf"とは…女優のエマ・ワトソン主催の、Goodreads上のバーチャルブッククラブ。Goodreadsのアカウントを持っている方なら誰でも参加可能です!エマの国連での活動(UN Women)から生まれたブッククラブなので、お題本は女性の生き方を考える・フェミニズム関連の本が多いのが特徴。

過去のお題本はこちらから。 

tokyobookgirl.hatenablog.com

tokyobookgirl.hatenablog.com

続きを読む