トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

表紙デザイン

トニ・モリスン『ビラブド』発売から30年:世界各国の表紙デザイン

みなさま、こんばんは。トーキョーブックガールです。 「靴」がデザインされている表紙について書いている間に、こんな記念すべき記事がLit Hubにて公開されていたので共有。なんと、世界中の『ビラブド』の表紙を75個も集めています!かなり見応えあり。 li…

「靴」が表紙の本

こんにちは、トーキョーブックガールです。 Pinterestで見つけたカポーティの"Answered Prayers(叶えられた祈り)"の表紙がとても素敵で、ずっと眺めています。 この靴がなんともいえない…。 そんな私は無類の靴好き。 ということで、「靴」が表紙の本を集…

『百年の孤独』表紙デザイン

みなさま、こんにちは。トーキョーブックガールです。 今日はガブリエル・ガルシア・マルケスの名作『百年の孤独』の表紙デザインを愛でたいと思います。 魔術的リアリズムの大ファンにはたまらない巨作。各国の表紙デザインも素敵なものばかりです! 百年の…

『真夏の航海』表紙デザイン

カポーティが若干19歳で書き上げた『真夏の航海』。 毎年この時期になると読み返したくなる。 ニューヨークのうだるような暑さ(意外と日本に負けず劣らず湿気てますよね)や、夜のそよ風を肌で感じられるような小説。 真夏の航海 (講談社文庫) 作者: トルー…

『夜はやさし』表紙デザイン

大好きな表紙デザイン。今回はF・スコット・フィッツジェラルドの『夜はやさし』のデザインを集めてみました。 『グレート・ギャツビー』とはまた違った、人生の挫折を味わい苦しみを体験したフィッツジェラルドが書く人物はどれも優しい目で見守られている…

『グレート・ギャツビー』表紙デザイン

またまたフィッツジェラルドについて書いちゃいます。だって好きなんだもの。 ジャケ買いならぬ、表紙買いをしてしまうことが多い私だが、フィッツジェラルドの本の表紙はどこの国のものも本当に素敵!で買い占めたくなってしまう。 本日は、各国で出版され…