トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

『ゼルダ すべての始まり』を観ました

さて、前の記事で言及したアマゾン・オリジナルシリーズの『ゼルダ すべての始まり』についてです。クリスティーナ・リッチ主演。ゼルダフィッツジェラルドの生涯を彼女の視点から描いています。

 

tokyobookgirl.hatenablog.com

 1シリーズ全10話を鑑賞することが可能。ゼルダの少女時代から、フィッツジェラルドとの結婚・出産を経てフランスへ移住するまでの物語。

 

f:id:tokyobookgirl:20170623105046j:plain

これが面白くて!あっという間に全話観てしまった。

ゼルダという女性がどうやって出来上がったか、よく理解できる。ちょっと暗いけれど…モンゴメリでの少女時代やらニューヨークの狂騒やらは、もう少し明るくやんちゃなトーンで描いていただいてもよかったんじゃないかなとは思うのだが。続けて観ると余計にその暗さが際立ってしまって。

全編を通して流れる気だるいジャズも素敵だし、F・スコット・フィッツジェラルド役の俳優さんなんて本人に生き写し!ちょっとぼん(おぼっちゃま)風で、繊細かつ傲慢な雰囲気がめちゃくちゃ良かった。お酒におぼれる様子もなんだか様になっている。

f:id:tokyobookgirl:20170624101556j:plain

クリスティーナ・リッチもはっきりとした南部訛りを物憂い感じで話していて、ゼルダの雰囲気がとてもよく出ている。

全体的に素晴らしい再現力で、ゼルダの自伝的小説『ワルツは私と』に出てくる細かいエピソードまでちゃんと拾って描かれている。

少女の頃は裸で池に飛び込み物議をかもした、とか。

南部の男の人はみんな顔なじみ、フットボールしか頭にないから絶対に結婚したくない、と両親に言い張るところとか。

 

「南部の花」からニューヨークの「フラッパー」へ

ゼルダのお洋服の変遷なんかも、「これは映像でないと描けないわ〜!」と感動した。

南部は北部に比べて、女性らしいことが良しとされる地域(1910年代当時ですよ)。スカートの丈は長く、カラフルな衣装がたくさん。

モンゴメリにいた頃のゼルダはこんな感じ。

f:id:tokyobookgirl:20170624102156j:plain

結婚してニューヨークへ移ると、そこに待っていたのは別世界。今はニューヨークで女優をしている幼馴染のタルーラと再会するも、「何あの服」と陰口を叩かれてしまう。

それもそのはず、ニューヨークでは「新しい女性」旋風が吹き荒れており、みんなこういう服を着ているのだ。(下の写真は左がタルーラさん。クール系美人です。)

f:id:tokyobookgirl:20170624102555j:plain

日本で言うところのモガである。

髪を短くして、黒い膝丈のシャネルのスカートを身につけて。

今まで当たり前だった価値観はニューヨークでは通用しない。しかも「南部らしいフェミニンな格好の君が好きだ」と言っていた夫・フィッツジェラルドが、こっそりニューヨークの女性に「ゼルダの服はまるでダメだ。代わりに選んでやってくれないか」なんてお願いしていたことも発覚!

環境の変化に慣れようと頑張っている中で、これは大きな打撃である。南部では「一番の美人」ともてはやされるパーティーの花だったのに、「ダサい」みたいなことを方々から言われて…ショックも大きかったと思われる。

その後ゼルダはこんな風に変身して、フィッツジェラルドの本がベストセラーになったこともあり、ファッションアイコン/時代の象徴となるわけだが…。

f:id:tokyobookgirl:20170624103029j:plain

 

ゼルダの感じていた閉塞感

ゼルダは南部出身。街は美しく周りもおせっかいで優しい人ばかりなのだけれど、とにかく狭い世界。上流家庭出身者(いわゆる社交界デビューするような階級の人たち)はみんな知り合いで、デートしようにも地元の男の子はみんな幼馴染状態。そして、誰とデートしても噂がすぐに広まる。

ゼルダはその環境に閉塞感を覚え、広い世界に出たいと願い続ける。

その気持ちは痛いほど分かる…。

 

ゼルダフィッツジェラルド=関西女&東京男?

フィッツジェラルドと出会い恋に落ち、家族の反対も聞かずに結婚し、ニューヨークへ飛び出していったゼルダ

彼のことを好きという気持ちも大きかっただろうが、「違う世界の人」という魅力も少なからずあったのではないかと推察される。

そしてふたりの状況を見ていると、なんとな〜く周りの関西女&東京男カップルを思い出してしまう!笑

方言の違いはもちろん、

南部ではユーモアやウィットあふれる会話がよしとされている。北部はもう少し真面目で、南部人にからかわれて気を悪くする人もいる。(東京出身の彼や旦那様に冗談を言ったら本気にされた、ちょっとからかったつもりが機嫌が悪くなってしまった…)。

南部では女性はとにかくカラフル、お化粧もスカートもoutrageous、着倒れの勢い。北部ではモノトーンを基調としたシックな装い(これは関東/関西の街を歩いていて感じる違いそのままかも…東京出身の彼や旦那様に「派手」、「お金をお洋服に使いすぎ」と言われるというのは、よく聞く愚痴)。

なんというか、「あ、文化が違うんだ!」という、このカルチャーショックは身近に感じるものがあった。

違いを尊重しあい楽しむことができたら、その違いは最高に面白い。

 

クリスティーナ・リッチの思い

クリスティーナは主演のみならず、この作品のプロデュースも手がけている。

ゼルダについて調べるうちに「I realized that so much of what I thought about Zelda was incorrect and actually defamatory(今までゼルダに抱いていたイメージが誤りで、実際のところ彼女は汚名を着せられている)」と気付いたと語っており、どうしても本当のゼルダを世に知らしめたくなったのだとか。

www.theguardian.com

良くリサーチされている素晴らしい作品だと思います!

原作はこちら。 

Z: A Novel of Zelda Fitzgerald

Z: A Novel of Zelda Fitzgerald