トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

『真夏の航海』表紙デザイン Book Cover Designs

カポーティが若干19歳で書き上げた『真夏の航海』。

f:id:tokyobookgirl:20170718114020j:plain

毎年この時期になると読み返したくなります。

ニューヨークのうだるような暑さ(意外と日本に負けず劣らず湿気てますよね)や、夜のそよ風を肌で感じられるような小説です。

 今日はこの作品の表紙デザインを愛でたいと思います。

何はともあれ、まずは日本版のご紹介から。

日本版は単行本お文庫も、安西水丸さんがデザインを手掛けており、とにかく素敵!!です。どちらも大好きです。

もう世界中の『真夏の航海』の表紙デザインの中でも一等賞なのではないかと…。

こちらは単行本

f:id:tokyobookgirl:20170714193427j:plain

 ニューヨークのFlatiron Building (Fuller Building)ですね。モノクロの写真が素敵です。

やっぱりこのビルは美しいです。私、個人的にこの形のビルが大好きで、行く先々で同じような形のビルを探してしまいます。

ちなみに本家ニューヨーク以外でのオススメは

トロントのGooderham Building

・大阪・北浜のルポンドシェルビル(レストラン・ルポンドシェルが入っている)の隣のビル

です。はあ…両方ともしばらくお目にかかっていないのでお散歩に行きたいです。東京にもあるかしら?

 

こちらは文庫本

f:id:tokyobookgirl:20170714193430j:plain

安西水丸さんらしい都会的で涼しげな絵。ティファニーブルーが印象的。

 

アメリカ

夏らしい海のデザイン。

f:id:tokyobookgirl:20170714193258j:plain

 

イギリス

Penguin Booksです。

f:id:tokyobookgirl:20170714193306j:plain

 

アメリカ

f:id:tokyobookgirl:20170714193310j:plain

 

イギリス

こちらもPenguin。Modern Classics。

f:id:tokyobookgirl:20170714193301j:plain

 

フランス

海外(アメリカ以外)のものは、ニューヨークを意識しているのが多いですね。

f:id:tokyobookgirl:20170714193557j:plain

 

デンマーク

飛んでいるのはカポーティ本人でしょうか。

f:id:tokyobookgirl:20170718111550j:plain

 

イギリス

PenguinのModern Classics。内容のイメージに一番近い気がする。

f:id:tokyobookgirl:20170718114129j:plain

ちなみにスカーレット・ヨハンソンが『真夏の航海』映画化(&監督)に向けて動いているというニュースが数年前ありましたが、その後どうなったんでしょうか。

気になります。