トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

『百年の孤独』表紙デザイン Book Cover Designs

みなさま、こんにちは。トーキョーブックガールです。

今日はガブリエル・ガルシア・マルケスの名作『百年の孤独』の表紙デザインを愛でたいと思います。

 魔術的リアリズムの大ファンにはたまらない巨作。各国の表紙デザインも素敵なものばかりです!

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

 

 

1. アメリカ

北米はほとんどの書店でこの表紙デザインが売られている気がします。「孤独」の部分を強く打ち出したデザイン。

f:id:tokyobookgirl:20170715180313j:plain

 

2. スペイン

ラテンアメリカを意識したような乾いた赤茶の色使い、アマゾンの密林を彷彿とさせる絵です。

f:id:tokyobookgirl:20170715180318j:plain

 

3. 日本

これも非常に印象的です。スペインに生まれ、メキシコに暮らした超絶美人画家、レメディオス・バロの『螺旋の回廊』。迷宮のような小説のとりこになる読者を暗示しているかのような。

バロ自身はジューヌ・ベルヌ等SFが大好きだったそうで、絵のモチーフも地底や海底といったものが多く見受けられます。

f:id:tokyobookgirl:20170715180320j:plain

ちなみに…トーキョーブックガールはこの絵が好きです。

『出会い』。箱を開けて、新たな自分と対面する女性が描かれています。水のような衣装が流れて、二つの顔が一つになる。なんとも言えない雰囲気です。

f:id:tokyobookgirl:20170718115602j:plain

 

4. フランス

ジャングルから飛び出してきたかのようなカラフルなオウム。

f:id:tokyobookgirl:20170715180323j:plain

 

5. スペイン

乾いた色使い。

Amazonで確認したところ、裏表紙にはパブロ・ネルーダのコメントが!マルケスを「El Quijote de nuestro tiempo」(現代のドン・キホーテ)と評していました。

f:id:tokyobookgirl:20170715180326j:plain

 

6. アメリカ

緑やジャングルのデザインが多いですね。ラテンアメリカだけに。

f:id:tokyobookgirl:20170715180329j:plain

 

7. アメリカ

f:id:tokyobookgirl:20170715180332j:plain

 

8. キューバ

シンプルです。初版ではないのかもしれませんが、かなり初期のもの。

f:id:tokyobookgirl:20170715180335j:plain

 

9. スペイン

f:id:tokyobookgirl:20170715180338j:plain

 

10. スペイン

ジャングルに文明が巻き取られていくようなイメージ。

f:id:tokyobookgirl:20170715180344j:plain

 

11. イギリス

Penguin Booksは、マルケスの小説のカバーに大抵こういったラテン美人を採用している気がします。

f:id:tokyobookgirl:20170715180350j:plain

 

12. ポルトガル

ポルトガルらしく、アズレージョ風(?)。

f:id:tokyobookgirl:20170715180351j:plain

 

13. フランス

f:id:tokyobookgirl:20170715180356p:plain

 

14. コロンビア

なんともシュール!

f:id:tokyobookgirl:20170715180402j:plain

 

15. 中国

おもおもしい感じ。

f:id:tokyobookgirl:20170715180545g:plain

 

おまけ

こんなの見つけました。

登場人物が多すぎて、名前も一緒だし、相関図が必要!という読者に。

似顔絵付きなのがいいですね!

f:id:tokyobookgirl:20170715180606p:plain

今日はここまで。みなさま、happy reading!