トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

少女が大人になるまで:"Nada" Carmen Laforet

みなさま、こんにちは!トーキョーブックガールです。

南の島から東京に戻ってきました。

東京の方がよっぽど暑いことにびっくりでございます…。

今日は夏になると読み返したくなる小説について、書いてみたいと思う。

 Carmen Laforetの"Nada"。

スペイン文学界では非常に有名な小説なのだが、非スペイン語圏ではほとんど知られていないかもしれない。

"The New York Times"の2007年の批評にも、「お恥ずかしながら今まで名前も聞いたことがなかった作家」なんて書かれていたし…。

素晴らしい小説なのに、日本語訳がないことも残念だ。

一言で言えば「少女の成長を辿るサリンジャー的物語」かな?

Nada

Nada

 

 英語版も、"Nada"として発売されている(Nada=英語ではNothing)。こちらはなんと、マリオ・バルガス=リョサによる前書きつき!うーん、豪華!

その事実だけでいい小説なんだろうなと確信できる、リョサマジック。

Nada: Una novela (Modern Library Classics)

Nada: Una novela (Modern Library Classics)

 

Carmen Laforetとはどんな人?

Carmen Laforet(カルメン・ラフォレー)はスペイン内戦後の時代に生きた、女性作家。

スペイン文学を代表する非常に高名な作家の1人で、サルトルカフカと同じく、実存主義の作品を執筆したことで知られている。

また、tremendismo(トレメンディスモ)*1を1940年代に始めた作家でもある。Tremendismoは、暴力やグロテスクな場面を生々しく描写するという手法で、スペイン内戦の影響が色濃く見られる。

Laforetが育ったのはカナリア諸島。幼い頃母を亡くし、継母とは折り合いが悪く不遇の子供時代を過ごす。

そして大学進学時にバルセロナに出て、親戚と暮らすようになる。

その後若干23歳で、いわば自伝的小説"Nada"を出版。一躍売れっ子作家となる。

フランコ体制下のスペインでは珍しい、女性作家である。

 

あらすじ

Andrea(アンドレア)は18歳の少女。

故郷のカナリア諸島を離れ、大学進学のためにバルセロナの祖母の家に寄宿することとなる。専攻は文学。

祖母の家には、祖母の他にJuan(フアン)とRoman(ロマン)という2人の叔父、Angustias(アングスティアス)という叔母、メイドのAntonia(アントニア)、Juanの妻であるGloria(グロリア)が居住している。

田舎出身のAndreaが、幼い頃憧れていた祖母の家。

バルセロナという都会にあって、調度品も美しく、素敵な家。

それはこのフランコ政権下、思い出とは異なりどこか薄暗く、非常にくたびれてみすぼらしく見える。

家庭内暴力や不倫、権力争いも起きるような、荒れはてた家になっていたのだ。

家の中の暗黙のルールや、同居する親戚たちについては分からないことだらけ。

Andreaは翻弄されながらもバルセロナ生活をスタートさせる。

大学は芸術家志望の若者が多く発展的ですが、どこか閉鎖的でもある。

同年代の理解者を切望していたAndreaは大学生活に期待するが、残念ながら恋愛は上手くいかず…。

しばらくして、Ena(エナ)という親友ができる。しかし実はEnaの母親はRomanと確執の過去があり、EnaはRomanに復讐するためだけにAndreaと仲良くしていたということが明るみに出て…。

 

腐敗した政権と、目覚める少女

フランコ政権下のバルセロナは非常に締め付けが厳しく、街全体が鬱屈した雰囲気を放っている(その分治安は良かったのだと、知り合いからはよく聞きますが)。

小説にはスペイン内戦そのものの話はほとんど出てこないものの、人々は心の傷を抱えている様子。ゆえにとんでもない恋愛関係や暴力がはびこっているのだ。

閉塞的な空気が立ち込め、誰しもが自分でも気づかぬうちに内へ内へと閉じこもってゆく。

Andreaはその中で少女らしく生き生きと暮らしているのだが、政権の影響は祖母の家庭に及んでおり、そして友人たちにも…。それでも自分を見つめ、精神的成長を遂げるAndrea。

頼りなくあどけない少女が成長していく様子は、非常に味わい深い。どんな時代でも少女は大人になるし、さなぎが蝶に変身するがごとく羽ばたいていくのである。

 

美しい描写

また、Laforetの文章は非常に美しく、ちょっとした風景描写も目をみはるほど。

いつまでも心に残る。

私のお気に入りは夏の夜の描写だ。

Más tarde vinieron las noches de verano. Dulces y espesas noches mediterráneas sobre Barcelona, con su dorado zumo de luna, con su húmedo olor de nereidas que peinasen cabellos de agua sobre las blancas espaldas...

これはどう逆立ちしたって、23歳にしか書けない文章だなあ…と、うっとりしてしまうのである。

それからやっと、夏の夜がやってくる。バルセロナをおおう、甘く濃い地中海の夜。月から漂う黄金の液体、海のニンフが白い肩越しにそのみずみずしい髪を梳かす湿った香り…(訳:tokyobookgirl)

 狂わしいほどの期待に満ちた香しい夜。これから何かいいことが起きそうな…。

どれだけ打ちのめされても、未来への期待がほのかに残り、なんでもなかったような顔をして進んでいくAndreaは素敵だ。

スペイン文学の『ライ麦畑でつかまえて』と評されることも多いこの作品。

実存主義的な描写や、若者の自分探索物語が好きな方にオススメです!

それではみなさま、happy reading! 

*1:日本語では「凄絶主義」。