トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

Farewell, ミチコ・カクタニ!

こんにちは、トーキョーブックガールです。

なんと!「ミチコ・カクタニがThe New York TimesのChief Book Criticの職を離れる」というニュースが飛び込んできましたよ!

f:id:tokyobookgirl:20170805140123j:plain

一抹の寂しさと時代の流れを感じます…

言わずと知れた一大文芸批評家、1955年生まれのミチコ・カクタニ(角谷美智子)さんは62歳。

f:id:tokyobookgirl:20170805141834j:plain

ということなので、これからは政治・カルチャーについての考察記事を楽しみに待ちましょう。

トランプ政権下ということもあり、色々とカクタニさんもお考えのところがあったのでしょうか。

 でもやっぱり、彼女の文芸批評の載っていないThe New York Timesなんて、The New York Timesじゃないよ!と言いたくなってしまいます…。

www.newyorker.com

 

ミチコ・カクタニはコネチカット生まれの日系アメリカ人。

お父さんが日本生まれ、お母さんが日系2世ということです。

イェール大学を卒業し、ワシントン・ポスト、タイム誌を経てニューヨーク・タイムズで勤務します。

1983年から38年もの間、文芸批評家として活躍を始め、ピュリツァー賞も受賞。

その辛口の批評は作家からも注目を集めました。

批評家=カクタニ、カクタニ=批評家という方程式が成り立つほど、文芸批評といえば、の人となったカクタニ。

とにかく手厳しいことで有名で、作家からは恐れられ、読者からは絶対の信頼を得ている存在。

英語ではto be Kakutanied(カクタニされる)なんて、言葉ができてしまうくらい。

ドラマ『Sex and the City』にもこの名前は出てきたので、覚えていらっしゃる方も多いのでは? 

f:id:tokyobookgirl:20170805142102j:plain

Season 5のEpisode 6 "Critical Condition(恋愛に関する悪いウワサ)"。 

本を出版したキャリー。なんだか落ち着かない様子。

一緒にレビューを観ていた友人スタンフォードが話しかけます。

Stanford: "You're not enjoying the revue?"

Carrie: "Frankly, I'm more concerned about my own review in the Times."

Stanford: "Ohmigod, right, your book's reviewed this week. You must be excited."

Carrie: "More like terrified. Michiko Kakutani. She's the Times' book critic."

Stanford: "Oh, I thought you were suggesting an appetizer."

Carrie: "She's brilliant, and she's really tough."

Stanford: "And impossible to announce."

「今週タイムズに私の本の批評が載る〜、ミチコ・カクタニは素晴らしい批評家だけどすごくタフなのよね…」という、ソワソワなシーン。

「カクタニってアペタイザーの名前かと思ったわ、発音難しすぎ〜」とスタンフォード

そしてそして、肝心のカクタニによるキャリーの『Sex and the City』の批評は…

A Very Sexy City:

"...all in all, I enjoyed spending time with Ms. Bradshaw's sharp, funny, finely-drawn world where single women rule, and the men are disposable."

というもの。

男を使い捨てる独身女性が君臨するブラッドショーの世界を楽しんだ、という感じ。

いやいやSATCは正にその通りじゃん、という私の感想はさておき笑、キャリーはどん底に…。

「男を使い捨てるって、なに?私そんな風に書いてない!書いてないよね!?」と、朝っぱらからミランダに電話をかけ、同意を求める始末。

ミランダは子供が生まれたばかりだし、弁護士だから朝は忙しいのに〜笑)

ちなみに実際のカクタニの批評はも〜っとも〜っと辛辣ですので、これはかなり良い評価をされているということなんですけどね。

まあその前に、カクタニは純文学の批評家ですので、キャリーのエッセイ集を読むということはありえないでしょうが。

それでもキャリーの後にエイダンと付き合った女性の出現などで、「私ってサイテーな女かも」思考に陥っているキャリーにはただただ辛いだけ。

あ〜、この場面を見返そうとして結局エピソードまるまる全部見てしまった私です。

やっぱり面白いんだよね。

会話がwittyで素敵です。

全エピソード続けてみると、これほど独身女性をおちょくっているドラマもないなあと感じるのですが…。

 

ミチコ・カクタニの批評はこちらで読めます。

www.nytimes.com

こちらはハイライト版!

必見です。

www.nytimes.com