トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

"Crazy Rich Asians" Kevin Kwan

ここ何年か忙しく働き通しで、久しぶりに取れた1ヶ月間の夏休み。

NYで同棲しているボーイフレンドが、「親友の結婚式があるから一緒にシンガポールへ行こうよ」と誘ってきた。

シンガポールは彼の故郷。ということは、彼のご両親にも会えるのかな?

初めてのシンガポール旅行にドキドキワクワク…と思いきや、到着するなり事態は急転。

ABC(American-born Chinese)の自分と同じような普通の家庭で育ったのだろうと思っていたボーイフレンドが、実はアジアでも随一の大富豪だということが発覚!

彼の友人たちは平気で数千万円の衣類やアクセサリーを買い求め、何億もするコンドミニアムに住み、週末にはプライベートジェットで「ママが所有するインド洋の島」に遊びに行ってしまうようなマルチビリオネア。

おまけに彼の家族は、会う前から私のことを完全に敵対視。

彼のお金だけが目当ての女(gold digger)だと決めつけて、私を追い払おうとする。

私は彼が大富豪ってことすら知らなかったのに!

…というのが新進気鋭のシンガポール人作家、Kevin Kwanの処女作"Crazy Rich Asians"の簡単なあらすじです。

 

Crazy Rich Asians

Crazy Rich Asians

 

もうページを繰る手が止まらなくて、「おもしろい…おもしろいわ〜…」とつぶやきながら読み進めました。

2014年出版なので新しい本ではないのですが、改めて本日ご紹介した理由は…

Kindle版が135円になっているからです!

ハードカバーは3,000円ちょい、ペーパーバックでも1,800円ちょいなのでit's a bargain!

映画化も決定している作品、しかも3部作の1作目。ぜひこの機会にどうぞ。

 

あらすじは上に書いた通りなのですが、この作品の面白さはゴシップガールmeets jet-setterといった世界でも有数のお金持ちの生活がリアルに描かれていること。

シンガポール、香港、上海、マカオ、パリなどなどひょいひょいと移動するような大富豪たちが、ほんの数セントにムキになる。

そして周りの人間に、「あんなにお金持ちなのにcheap(ケチ)なんだから」と呆れられる。

人間くさい描写が多く、そのアイロニーがある意味快感。

どんなprestigiousなレストランさえ顔パスで入れるような中国系シンガポール人のマダムが、「あのショッピングモールに入ってる屋台のrojak(マレーシア風のミックスサラダ)は何より美味しいんだから!」と力説したりして。

この辺りは、食にこだわる中国系らしい&非常に現代的なエピソードかもしれませんね。

それでいて、お金持ち特有のclosed circleや、身内にしか通用しないような冗談、「彼は私のいとこだから」「彼女は私の叔母だから」みたいな台詞が飛び交う様なんて、まさにプルーストの『失われた時を求めて』。

19世紀末〜20世紀初頭のゲルマント公爵夫人のサロンとなんら変わりがないのです。

また、おそらく世界中で最もモダンな都市(国、社会)に暮らしているにもかかわらず、母親の頭にあるのは娘がお金持ちと結婚できるかどうか、だけ。

まるで『高慢と偏見』…。

太古の昔から全く進歩がない!という事実が面白おかしく書かれています。

シンガポールを舞台にした話というだけあって、Singlish(シンガポール英語)の説明が随所に見られたり、登場人物たちが"What a nonsense lah"みたいな話し方をしているのがユニーク。

それにしても中国系の大富豪というのは日本はもちろん、世界中どこを探しても類を見ないほど富を蓄えているのだなあとこれを読んで改めて実感しました。

 

この処女作"Crazy Rich Asians"が大ヒットし、作者のKevin Kwanは"China Rich Girlfriend"、"Rich People Problems"という作品も出版しています。

どちらも同じ一族を主人公とした物語。

面白さや質は全然落ちず、むしろパワーを増している感さえあります。

ちなみにKwan曰く「完全にフィクションと言えるエピソードはないくらい。自分のシンガポールでの生活を元にして描いた作品」とのこと。

f:id:tokyobookgirl:20170806183002j:plain

作中には、魚を整形する(!)というエピソードがあるのですが、それすら本当にあった話だそうで。

Kwan自身もシンガポール出身のおぼっちゃま。今はNYで「普通の」暮らしをしているものの、シンガポールに帰ると空港でメイドさんが4人待っているような家庭出身だとか。

他の国からはかけ離れたような富の集中に疑問を覚え、書き上げた小説だということです。

www.vanityfair.com

映画化についても書きたかったのですが、長くなってしまったのでまた後日。

みなさま、今日もhappy reading!