トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いています。

"All for One"を観ました

自身の備忘録として、観劇の記録は全てブログに残しておこうと思っているものの、なかなかそんな時間もなく。

f:id:tokyobookgirl:20171012115312j:plain

もう東京千秋楽も終わって今更ですが、”All for One”の感想を。
とにかく楽しいアクションミュージカル(宝塚いわく、アクション・ロマネスク)!というのが全体を通して伝わってくるいい作品だった。
 
若いトップの珠城りょうさんを中心に、他の組にはない求心力を見せつける月組

f:id:tokyobookgirl:20171012115132j:plain

もちろん、様々な経験を通じて男役を磨きに磨いてきたトップにしか出せない味はあるし、若いタカラジェンヌさんばかりの抜擢は如何なものかとも思うのですが、若いトップならではの団結力があるなと感じます。
これは珠城さんの人柄かも。スカイステージで拝見していても、いつも的確な言葉選びをする賢さや、大道具の方から演出家まで様々な方に愛されている様子が分かって、「この人だから支えたいのだろうな」と納得してしまうのですよね。
 
ダルタニアンを支えるアトス、アラミス、ポルトスも本当に月組の皆様にぴったりで…。小池先生も「今の月組にインスパイアされて書いた」というふうなことを仰っていたので、さもありなんと思いました。

アトスは、「ミラディーとの過去の関わりを連想させるように演技をしている」とどこかで仰っていた通りの、色気のある男らしい演技!ミラディーは舞台では名前すら出てこないので、その奥行きのある設定がより素敵に感じる。

tokyobookgirl.hatenablog.com

 

そして大柄で堂々とした珠城りょうさんがトップだからこそ際立つ、娘役トップ愛希れいかさんのユニークな魅力。

f:id:tokyobookgirl:20171012115333j:plain

ちゃぴちゃんの活躍ぶりって近年の娘役にはない勢いを感じる。
こんな娘役が見たかった!といつも思う。男役と同等に活躍できる娘役って、もっと増えればいいのにと思います。
そして本当に、ただただ美しい。長い手足や小さいお顔!!
手塚治虫が生きていたら、愛希れいかに恋をしたに違いない」と心から感じたほど、まさにリボンの騎士!漫画から抜け出てきたようでした。
 
鳳凰伝』は全く観に行くつもりはなかったものの、やっぱり観たくなってしまった。
誰も寝てはならぬ」を歌わないのは知ってるけど、この2人の『トゥーランドット』の世界を観てみたいなあ。

f:id:tokyobookgirl:20171012202437j:plain